管理者特別点検及び初訓示が行われました。

特別点検実施風景

 平成31年1月10日(木)消防本部庁舎において、須藤管理者(筑西市長)による特別点検及び初訓示が行われました。

特別点検とは、職員の職務遂行に必要な規律の向上を図り、旺盛な指揮のもと、消防業務の諸般の要求にすみやかに対応するため行われるもので、消防本部職員が人員姿勢服装及び消防手帳点検の査閲を受け、厳正なる態度及び斉一な動作が確認されました。

須藤管理者による初訓示

その後に行われた管理者による初訓示では、消防本部第2次総合整備10カ年計画の策定、昨年10月に開院した茨城県西部メディカルセンターとの連携による救急サービスの充実化、計画的な消防施設の拡充など、管理者として消防防災行政の一層の推進に取り組んでいくと話され、職員に対し「あらゆる知恵を尽くして私と思いを一つにし、圏域住民の安心安全のため尽力していただきたい」と激励しました。