火災予防条例の一部改正について(お知らせ)

改正の背景

 

対象火気設備等及び対象火気器具等に関する条例の基準を定める「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令」(平成14年総務省令第24号。以下「対象火気省令」という。)が制定当時に想定されていなかった設備及び器具が流通してきた現状を踏まえて、一部改正されました。

この省令の改正に伴い、筑西広域市町村圏事務組合火災予防条例の一部改正を行ったものです。

 

(用語の解説)

対象火気設備等及び対象火気器具等とは、火を使用する設備、器具又はその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備、器具のことです。

 

(例)ふろがま、厨房設備、移動式ストーブ、こんろ(IHこんろ含む)など

 

主な改正内容

 

1.対象火気設備等及び器具等の離隔距離を定めた火災予防条例別表第3に関する事項

(1)グリドル付こんろに係る離隔距離について追加するとともに、従前から同表において規定されているこんろ及びグリル付こんろと同様の離隔距離とするものです。

(2)最大入力値が5.8kw、1口当たりの最大入力値3.3kwである電磁誘導加熱式調理器及びその複合品(こんろ部分の全部が電磁誘導加熱式調理器のものに限る。)に係る離隔距離について追加するとともに、従前から同表において規定されている電磁誘導加熱式調理器及びその複合品と同様の離隔距離とするものです。

 

2.その他の規定の表現整理

(1)「ドロップイン式こんろ」を「組込型こんろ」に表記を変更。

(2)「電気こんろ」「電気レンジ」「電磁誘導加熱式調理器」を「電気調理用機器」に統合。

施行日

 

平成29年4月1日

 

解 説

 

近年、家庭用ガスコンロの下部に、ガスグリル(直火によって、主として放射熱で調理する機器、いわゆる魚焼き器)ではなく、ガスグリドル(直火で加熱したプレートによって、主として熱伝導で調理する機器)を備えた機器や入力が5.8kwである電磁誘導加熱式調理器(IH調理器)が、市場に流通するようになったことを踏まえ、その安全性を検証の上、追加したものです。

 

 

 

〇追加された機器についての離隔距離は、これまでの同等の機器と同じ距離です。

〇離隔距離とは、火災予防上必要な距離のことで、機器から壁や可燃物までの距離です。

〇対象となる機器は、ガス機器や石油ストーブ、電気ストーブ、IH調理器具、電気こんろ、食器乾燥器、衣類乾燥機など電気を熱源とする機器です。

 

※このような機器を壁や可燃物に接近させて設置すると、加熱による火災発生の恐れがあることから、設置する場合は、壁や可燃物などからの距離に十分注意してください。

 

※離隔距離は、改正された筑西広域市町村圏事務組合火災予防条例別表第3や機器の取扱説明書に記載された距離により確認をしてください。
※追加された機器をすでに設置されている場合ついては、機器の取扱説明書に記載されている離隔距離が、確保されていれば、変更する必要はありません。

 

 

火災予防条例につきましては、こちら(組合例規集:第7編 業務 第4章 消防)からご覧ください。

 

 

 

【お問い合わせ先】

 筑西広域市町村圏事務組合消防本部 予防課

TEL 0296-24-4589