平成29年度消防職員初任教育第103期初任科入校式

 

平成29年4月12日(水)茨城県立消防学校において、平成29年度消防職員初任教育第103期初任科入校式が挙行されました。

当日は晴天に恵まれ、桜満開の中、公益財団法人茨城県消防協会 葉梨 衛会長をはじめとする多数の来賓が出席され、緊張感漂う厳粛な式となりました。

県内の多くの消防本部では団塊世代が大量に退職したあとの体勢を強化するため、ここ数年採用人員を増やす傾向にあり、第103期では当消防本部新規採用職員18名のうち、今期入校する9名を含む県内23消防本部120名の新人消防官が入校しました。

第103期入校の120名は、平成29年4月12日(水)から9月8日(金)までの約半年間にわたり、寮生活を送りながら、崇高な任務を遂行するため、忍耐力を培い、心身の鍛錬と知識技術を習得することになります。