「デュアルシステム」による就業体験学習報告

筑西広域市町村圏事務組合では、9月から11月の期間中にデュアルシステム(官公庁及び企業と学校が連携
して生徒を育成する職業教育の仕組み)による実習を、筑西遊湯館、県西総合公園及び環境センターで行い
ました。
体験学習に参加した学校は、茨城県立協和特別支援学校並びに結城特別支援学校の生徒の方々で、県西総合
公園では、花壇の清掃など、筑西遊湯館では、受付業務やスポーツ施設の補助、環境センターでは、ペット
ボトルの分別などを行いました。

生徒の方々は、職場体験を通して、働くことの大切さや喜び、知識、態度など高い意欲と向上心をもって取
り組み、その姿勢に感銘を受けました。
筑西広域市町村圏事務組合は、これからも生徒の方々を応援してまいります。
大変お疲れ様でした。

【研修様子】

県西総合公園での様子