敷地境界線における空間放射線量測定免除について

環境センターでは、放射性物質汚染対処特別措置法(平成23年8月30日施行)により測定が義務づけられた
ため、平成25年1月から敷地境界線における空間放射線量測定値を公表しておりました。(組合ホームペー
ジ)この程、法第28条第2号に基づく特別の維持管理基準(放射性物質による汚染状態が8,000Bq/kg超の廃
棄物が生じること)の適用除外により、関東地方環境事務所(環境省の地方支部局)から敷地境界空間線量
の測定を免除する許可を受けました。

今後の測定は、廃棄物の処理方法に大幅な変更が生じた場合や灰の放射性物質濃度が上昇する可能性のある
場合など、必要に応じて測定を行ってまいります。

敷地境界放射線量測定場所

敷地境界放射線量測定場所